吉左右頒布 平成29年睦月号

公開日: : 吉左右頒布

 

*健やかと 言うは宝や ごまめ噛む 喜秋*

 

あけましておめでとうございます。今年も気の利いた話題を心がけながら、パンフをお届けしてまいります。コミュニケーションのきっかけ「語らい草」としてお使いいただければ幸いです。

 

申 酉 戌

2017年の幕開けです。今年の干支「酉」は「申」年と「戌」年の間に挟まれています。犬猿の仲である二匹を、間に入ってなだめてくれているように思えてきます。きっと、とりもってくれているんでしょう。どうか。この一年いさかいのない平和な日々でありますように。

中国の古代思想の「五行」では、干支を東西南北の方位に割り当て「申・酉・戌」を鬼門に対峙する方角と考えていました。

おとぎ話の桃太郎が鬼ヶ島への討伐に「猿・雉・犬」を連れて行ったのは、文字通り鬼退治の象徴として選ばれたお供だったのでした。

なお、北東を鬼門とするのは昔の中国が遊牧民やモンゴル人ロシア人から侵攻を受ける方角だったからと言われています。

 

酒という漢字の部首はサンズイ編ではないのをごぞんじでしょうか。「酉」で分類されています。酉が「とりへん」「ひよみのとり」などと呼ばれるのは干支の「とり」に充てられている文字だからで、鶏の意味をもっているわけではありません。もとは酒を入れる容器を表す象形文字で、そこに入れる液体であるところからサンズイが加えられたのでした。

 

「家に今朝 屠蘇酒さぞと 酒に酔い いえにけさ とそさけさそと さけにゑい」

その昔、回文で作ったものは神に通じると考えられていました。新春のおめでたい作品に「永き世の 遠の眠りの みな目ざめ 波乗りの船の 音のよきかな」というのがあり、宝船の絵に添えられていたりします。これを枕の下に敷いて床につき、良い初夢が見られますように・・・と願う習慣がありました。

DSC_0259

11111111111

平成11年1月1日に携帯電話番号が11桁化されました。「うさぎの耳も11桁」っていうCMが盛んに流れていた、あの頃です。

では、あなたの携帯電話番号で遊んでみることにしましょう。0から始まる最初の三桁を除いた、残る八つの数字に注目してください。

◯○◯ー●●●●ー◎◎◎◎ まず、左図の●印の数字を250倍した答えに80をかけてください。それに、残る下四桁◎印の数字を二回足してほしいのです。それを、最後に2で割っていただくと・・・・あぁら、何と不思議!?

彼、彼女の電話番号を聞き出したいときに役立てば幸いです。でも、こんな単純なカラクリではバレバレかも。馬鹿にしないでと憤慨されても、当方のあずかり知るところではありませんので悪しからず。

 

金儲け「才能アリ」「凡人」「才能ナシ」

1848年1月24日、アメリカカリフォルニア州の川で砂金が発見されゴールドラッシュが始まりました。翌年にはフォーティナイナーズと呼ばれる多くの人たちが一攫千金を夢見てやってきます。

しかし、金の採掘で財をなした人は少なく、その中心から離れたところにいた人が巨万の冨を得るという結果に終わりました。

たとえば、そのころ印刷工だったサミュエル・ブラナン。彼は採掘用のシャベルとバケツを手当たり次第に買い占め、一山当てようと乗り込んでくる人たちに売りさばいて最初の億万長者となります。

次に、雑貨商だったリーバイ・ストラウスはテントなどに用いていたキャンパス地を使って採掘者の手荒い作業にも破れない丈夫なズボンを作りあげました。これがジーンズの源流で、彼の名前と苗字は今も人気のブランド名Levi’sとして残っています。

帰するところ、この周辺ビジネスを開拓した人たちが莫大な利を獲得することとなったのでした。

では、ここでクエスチョンです。我が国では、佐渡ヶ島で金鉱が発見されて以来、江戸時代の大きな財源となっていました。

さて、このとき大儲けをしたのはどんな人だったでしょうか。さっきのアメリカ人の二例を合わせてみると正解に近づきます。鉱山で働くために欠くことのできない物に携わった人たちだったのでした。

そうです。草鞋に目をつけたのでした。でも、作って売ったのでは「凡人」と言えます。これを、何とレンタル制にした人がいました。貸し出したのです。その真に意味する企ては、果たして何だったのでしょうか。どう儲けたのでしょうか。

最終行にネタバレあり要注意

 

*語録*三重録*

発行月に関係する名言を三つずつ紹介していく新コーナー。初回は1月24日が命日にあたる小説家、山本有三の言葉を集めてみました。

*たったひとりしかいない自分を、たった一度しかない人生を、ほんと生かさなかったら、人間、生まれてきたかいがないじゃないか。

*右の靴は左の足には合わない。でも、両方ないと一足とは言わない。

*他人のために、ことばを持て。なやみ、苦しんでいる他人のためにも。そうして、なんでこんなにほがらかでいられるのか、それをこう話してやるのだ!くちびるに歌を持て。勇気を失うな。心に太陽を持て。そうすりゃ、なんだってふっ飛んでしまう!

「路傍の石」「心に太陽を持て」

 

佐渡金山ネタバレ・・・返却してもらったときの草履の目には細かな金の粒が埋もれており、これを集めて新しい草履に作り変える費用を捻出するという考え。金儲け「才能アリ」のセンスはちょっと違いますね

 

吉左右頒布アーカイブスTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スクリーンショット 2016-11-18 15.50.35

吉左右頒布 平成29年如月号

  * 蕗のたう 耐えし寒さの 苦みかな 達人 *   「?」を「!」

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成28年師走号

  * 板山葵に 銚子二本の 晦日蕎麦 八束 *   「?」を「!」に

記事を読む

スクリーンショット 2016-11-18 15.50.35

吉左右頒布 平成29年弥生号

  *客五人 諸子五匹の 焼かれけり 清江*   「?」を「!」に変え

記事を読む

%e3%81%af%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99

吉左右頒布 平成28年霜月号

  *おく霜の 一味付けし 薫かな 一茶*   「?」を「!」に変えて

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成26年師走号

  ミスターチルドレンが歌う「十二月のセントラルパーク」の表現を借りると「何の修行だ

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成27年葉月号

  * 飲み干せし ビールの泡の 口笑ふ 立子 *   「?」を「!」

記事を読む

スクリーンショット 2016-11-18 15.50.35

吉左右頒布 平成29年卯月号

  * 菜の花を 添えて鰆の 淡煮かな みはる *   「?」を「!」

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成26年長月号

  夜熱以前午熱同 夜になっても暑さは昼間と変わらない 開門小立月明中 門を開

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成28年睦月号

  * 金泥の 鶴や朱塗の 屠蘇の盃 漱石 *   あけましておめでと

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成27年皐月号

  * 今朝たんと 飲めや菖蒲の 富田酒 回文 其角 *   「?」を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


はてなのブログ
日本酒好きやねん
店舗案内
貴醸酒のみくらべバナー
奇跡の一滴! 貴醸酒のみくらべ

2019年になりました。明けましておめでとうございます。今年もみなさん

スクリーンショット 2018-12-04 17.36.38
年末年始のお知らせ

まいど! 年末年始の休業日のお知らせです。   年末

純米大吟醸のみくらべバナー
年末年始に! 純米大吟醸のみくらべ

あっという間に年末12月になってしまいました。あんな事もしたい、こんな

仙禽のみくらべバナー
感じるテロワール 仙禽米違いのみくらべ

  毎晩肌寒い季節になってきました。 11〜12

ひやおろし吞み比べバナー
秋の風物詩 ひやおろしのみくらべ

  10月に入りすっかり秋も深まってきました。食材の方

→もっと見る

PAGE TOP ↑