新呑み比べ 蔵に関する「人名」呑み比べ

公開日: : 最終更新日:2017/02/23 呑み比べ

どうも、スタッフのリョウです。

新しい呑み比べのお知らせです。今回はご紹介する酒蔵に関連している人名を冠したお酒の呑み比べです。

IMG_2930

 

日本で一番星に近い蔵!

1本目は長野県・湯川酒造店の九郎右衛門です。

九郎右衛門(くろうえもん)とは代々受け継がれる蔵元の名前なのですが、現在の(2011年から)16代目の蔵元兼社長は女性の湯川尚子さんということで、「九郎右衛門」を名乗ってはおりません。また、杜氏(酒造りの責任者)は旦那様の湯川慎一さんです。

慎一さんは以前岐阜県の酒蔵で営業として働いていました。当時自分が見て聞いた他の蔵の酒造りのことや、もっとこういう風にしたらどうか?などを杜氏にガンガン伝えていたそうです。そこで杜氏さんがそこまで言うなら自分の酒を作ってみればということで自分の酒を造ることになりました。

その後、蔵をやめて長野県の黒松仙醸の杜氏として活躍していましが、色々な出会いがあり今の奥様の尚子さんと結婚するに至りました。蔵元の尚子さんは2005年から蔵を継ぐことを決めて杜氏見習いとして酒蔵に入っていたという経験もあるので、ご夫婦が蔵人と協力しながら酒造りを盛り上げていらっしゃいます。お二人はおしどり夫婦としても有名だそうです。

蔵は標高1000メートルに位置し、日本で一番星に近い蔵という異名を持っています。使う仕込水には広大なカラマツ林が広がる木曽山地より湧き出す井戸水を使用しています。酒米には長野県の幻の酒米と言われている金紋錦を使用しています。九郎右衛門は特約店の限定流通商品なので初めて目にする方も多いのではないでしょうか?

蔵のシンボル「九郎右衛門」と名付けた夫婦愛の籠もったお酒をあなたの舌でぜひ感じてみてください。

長野県 湯川酒造店 九郎右衛門 金紋錦 半合¥600/一合¥980

長野県 湯川酒造店 九郎右衛門 山廃 金紋錦
半合¥600/一合¥980

原料米:信州産金紋錦
精米歩合:60%
アルコール度:16度
日本酒度:
酸度:

トンネル貯蔵の蔵!

2本目は秋田県・喜久水酒造蔵元の息子さん・平澤喜一郎さんが醸す「喜一郎の酒」です。

当蔵のお酒の特徴は、トンネルで貯蔵したお酒を出荷していることです。きっかけとなったのは、現当主の平澤喜三郎さんが1975年に吟醸酒をその当時の杜氏に貯蔵するとどうなるかと尋ねたところ「1年で腐る」と言われましたが、5年間台所下で貯蔵したところ美味しくなったという経験があったこと、故・篠田次郎(吟醸酒ブームの仕掛け人)がこれからは長期熟成の吟醸酒の時代が来ると言っていたということ。

喜三郎氏は長期貯蔵酒を造るには大きな貯蔵庫の必要性を感じており、ドイツのワイン工場めぐりで見た地下貯蔵庫をヒントに、JRから廃トンネルを買い取りました。

ご紹介している「喜一郎の酒」もトンネル貯蔵をしてから出荷されています。酒母(お酒の酒質のボディとなるもの)には純米酒を造るときにはほぼ使用しない大吟醸(蔵においては1番気を使って造る酒)で使うものを加えています。

息子・喜一郎さんのチャレンジ精神と、父・喜三郎さんの期待の込もった1本をぜひあなたに体感していただきたいです。

秋田県 喜久水酒造 特別純米 喜一郎の酒 半合¥450/一合¥780

秋田県 喜久水酒造 特別純米 喜一郎の酒
半合¥450/一合¥780

原料米:秋田酒こまち
精米歩合:58%
アルコール度:15度以上16度未満
日本酒度:-1
酸度:1.5

男の友情・再興の蔵!

最後は滋賀県・中澤酒造の「一博」うすにごり生酒です。

中澤酒造さんは1948年に創業されました。現当主の中沢一洋さんは大学卒業後酒類総合研究所での研修を終え、実家での酒造りに取り組んでいましたが、日本酒の消費低迷のあおりを受け2000年に休業せざるを得ない状態になりました。

もう度蔵を再開したいという熱い思いを心に秘めながら日々を過ごしていましたが、2001年に同じ境遇を経験した「大治郎」の銘柄で知られる畑酒造・第4代目畑大治郎氏に誘われ、畑酒造で働くことになります。3年後、大治郎さんからうちで酒を仕込んでみてはとの提案があり、自身のブランド「一博」を立ち上げました。

時を経て2015年に念願であった自蔵・中澤酒造での酒造りを再開することができました。現在「一博」の博の右上部分には「ヽ」が打たれています。畑酒造蔵人時代に醸造した「一博」の博の字には「ヽ」がありませんでした。畑酒造さんのタンクを借りて醸していた酒は真の意味での「一博」ではなく、念願であった中澤酒造で醸した酒が本当の意味での「一博」であるという思いからです。修行時代、酒造りを学んだ中澤酒造「坂頭宝一」杜氏と畑酒造「谷内博」杜氏の名前から一文字ずつもらい、自分の名前の一洋と掛けて命名しています。たくさんの人の協力があったからこその蔵の再開や、自分の酒が造ることができたことへの感謝の気持ちがこの「ヽ」に込められています。

そんな感謝の念と不撓不屈の男の思いの込もったお酒をぜひ一度ご賞味くださいませ。

滋賀県 中澤酒造 一博 純米 うすにごり生酒 半合¥450/一合¥780

滋賀県 中澤酒造 一博 純米 うすにごり生酒
半合¥450/一合¥780

原料米:滋賀県産吟吹雪
精米歩合:60%
アルコール度:16度以上17度未満
日本酒度:2
酸度:2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

IMG_4596

なるほど良い酒の限定酒第5弾を入荷しました 奈良県 長龍酒造 四季咲 菊花開(キクカカイ)

どうもいつもお世話になっております。スタッフの唎酒師リョウです。 お酒の入荷情報をお届けいたします

記事を読む

浅茅生呑み比べバナー

滋賀・平井商店 浅茅生吞み比べ 3種¥1,000

  先日はてなのちゃわんはめでたく二周年を迎えることができました。  

記事を読む

IMG_1358

地元のお米を使いテロワールを大事にする蔵の酒 長野県 大信州酒造 大信州 純米吟醸

どうもスタッフのリョウが入荷情報をお届けいたします。 長野県長野市にあります大信州酒造さんの純

記事を読む

地酒蔵バナー

開催してます♫精選!!!地酒蔵3種類呑み比べ 1000円

新しい呑み比べのテーマは「地酒」です。 最近では地酒の定義が変わりつつあります、昔とは違い輸送

記事を読む

半合440円/一合780円

新入荷 京都府 玉川 純米吟醸 無濾過生原酒 Ice Breaker

入荷情報です!!! 今年もやって参りました、京都の玉川・Ice Breaker。ペンギンのレッ

記事を読む

IMG_4973

秋鹿の一貫造りの象徴「へのへのもへじ」の生酛がやってきました。

どうも、唎酒師のスタッフリョウです。 お酒の入荷情報をお届けいたします。 秋鹿の醸造元である

記事を読む

fullsizeoutput_1840

広島県3種類呑み比べ

どうも唎酒師のスタッフ涼です。 新しい呑み比べのお知らせです。 今回は当店の若手スタッフ・イ

記事を読む

IMG_1222

男の友情と一途な思いが再興へと繋がった酒 滋賀県 中澤酒造 一博 うすにごり

スタッフのリョウが入荷情報をお届けいたします。 一博・うすにごりは、滋賀県東近江市にある酒蔵・

記事を読む

img_2696

新入荷!!!福岡県 若波酒造 若波 純米吟醸 新生酒

入荷情報です。若波の純米吟醸の新酒です。地元福岡県糸島産の山田錦と福岡県三潴産の夢一献を使用していま

記事を読む

IMG_1553

新入荷 岡山県 十八盛酒造 多賀治 純米吟醸 無濾過生原酒 限定直汲み

入荷情報です。岡山県は倉敷にあります蔵のお酒でございます。 この蔵の蔵元杜氏・石合氏。もともと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


はてなのブログ
日本酒好きやねん
店舗案内
超大辛口吞み比べバナー
期間限定! 超辛口三種吞み比べ

はてなのちゃわんがオープンして四年。たくさんの日本酒好きのお客様に集ま

IMG_0017
期間限定! 香川・川鶴酒造三種吞み比べ

先日、3月28日におかげさまではてなのちゃわんはオープン四周年を迎える

IMG_1833
新潟県 麒麟山酒造 開発に16年費やした酒米「越淡麗」使用 しぼりたて生 ぽたりぽたり

どうもいつもお世話になっております。唎酒師のスタッフリョウです。 お

IMG_1812
栃木県 飯沼銘醸 9代目蔵元杜氏・飯沼徹典が醸す「姿」 純米吟醸 中取り

どうもいつもお世話になっております。唎酒師のスタッフリョウです。 お

IMG_6126
島根県 名馬の里 桃色のにごり酒・赤色清酒酵母使用

どうもいつもお世話になっております。唎酒師のスタッフリョウです。 お

→もっと見る

PAGE TOP ↑