吉左右頒布 平成28年文月号

公開日: : 最終更新日:2016/08/25 吉左右頒布

* 薄まりし 醤油すゞしく 冷奴 草城 *

 

「?」を「!」に変えてゆく‥をコンセプトに、おいしいひとときを提供しております「はてなのちゃわん」

好奇心あふれるお客様に、今月もパンフをお届けいたしました。コミュニケーションのきっかけ「語らいぐさ」としてお使いくだされば幸いです。

 

文月の秀句冗句

*7月18日(第三月曜)海の日にちなんだクイズ二問(答えは最終行)

①ゴムまりの中に入っているのは空気。では、浮き輪の中に入っているのは何でしょうか。

 

②What ward looks the same upside down and backwards?

「ひっくり返しても逆から見ても同じように見える単語は何だ?」

 

*盛夏にちなんだ謎がけ

ビールとかけてアフリカ草原の夜明けととく。

その心は・・・・・アサヒが出れば、キリンも動き出します。

 

*夕立ー江戸小噺

不思議な売り声が聞こえてきました。「えぇ夕立屋でござい、夕立はいかがでしょうか」店のあるじが呼び止めお金を払えば、この男ぐっと天をにらみ呪文を唱え始めます。

と、一転にわかにかき曇り、見る間に雨をもたらし涼しい風をも運んでくれました。「いやぁお見事じゃ、人間技ではないな」「えぇ、実はわたくし天に駆け登る龍なのでございます」「そうだったのか、道理で。しかし龍さんや、夕立ちは夏場だけの商売だろ。一年通して食っていくのは大変じゃないか?」「それがありがたいことに、冬は倅のコタツが仕事をしてくれております」

 

*7月3日(日)波の日にちなんだイタリア語のクイズ

Cosa fanno una Kawasaki, una Suzuki, una Yamaha in riva al more?

川崎、鈴木、山葉さんは、海岸で何をしているのでしょうか。

この答えは多くの解説を要しますので、さっそく明かしてゆきます。察しの通り「Honda」を待っているのです。でも、これでは正解と言えません。イタリア語はHを発音しないため「onda」を待っている‥と同じように聞こえます。「onda」とは「波」のこと。つまり、三人はサーフィンを楽しんでいたのでした。

 

pp p mp p pp

シーボルトが長崎の出島に我が国初めてのピアノを持ち込んだのは、1823年(文政6年)の7月6日でした。

今回はピアノのうちでも鍵盤に限ってのお話です。イタリアのクリストフォリが発明したピアノには54の鍵盤しかありませんでした。いまでは88鍵が定着しており、その数「エイティエイト」がジャズの世界ではピアノの通称となっているくらいです。映画「海の上のピアニスト」の主人公ナインティーンハンドレッドは言います。「鍵盤は端から始まり端で終わる。数は88と決まっている。無限ではない。弾く人間が無限なのだ。人間の奏でる音楽が無限。そこがいい」

その88鍵の内訳はシャープキーと呼ばれる黒鍵36にナチュラルキーである白鍵52で、白が大半を占めています。が、中世ヨーロッパでは逆だったのをご存知でしょうか。大部分であるナチュラルキーに白ではなく黒い鍵盤が使われていたのです。それは演奏する女王様の指が白く映えるようにとの工夫であったとする説があります。実際は、材料費の点で象牙より黒檀のほうが安く手に入ったからなんだそうですが、ここはロマン説を信じておきたいですよね。

 

7月16日(土)は七色と読み変えることができることから虹の日とされています。でも、虹は本当に七色なのでしょうか。よく見ると、多くの色がグラデーションをなして浮かび上がっています。微妙に色合いを変えながら連続していることに気づきます。途切れなく続いているのですから、七つに分けることはできないはずです。なのに、七色と思えるのはなぜでしょう。

言語学者サピアと弟子のウォーフは、七つの色の名前を知っていたからではないかと考えました。言語が世界の見え方を規定する‥という言語相対性の仮説を唱えたのです。

季節外れではありますが、紅葉を例に挙げて考えてみましょう。熾色(おきいろ=炭火が熾りきったときの赤黒い色)という言葉を知ると、霜で色に深みを加え終わりを告げ始めているモミジが目につき出すはずです。鶸色(ひわいろ=鶸の胸の羽根を思わせる黄色の勝った萌黄色)という言葉を知ると、一面の紅葉と思っていた中に異なる和らぎを感じるその色が点在していることに気づき始めるから不思議です。

 

〽︎ 上を思えば 限りがないと 下を見て咲く 百合の花

 

答・・・・・・・・・・・

①泳げない人間

②SWIMS

 

吉左右頒布アーカイブスTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

はてなロゴ

吉左右頒布 平成27年師走号

  * 鮟鱇の 肝うばひけり 鍋奉行 利雄 *   「?」を「!」に変

記事を読む

スクリーンショット 2016-11-18 15.50.35

吉左右頒布 平成29年睦月号

  *健やかと 言うは宝や ごまめ噛む 喜秋*   あけましておめでと

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成27年水無月号

  * 山よりの 風来てアユの 姿ずし 昭江 *   「?」を「!」に

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成28年弥生号

  * さらし独活(うど) 客を迎えて 更くる夜 慶子 *   「?」

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成28年睦月号

  * 金泥の 鶴や朱塗の 屠蘇の盃 漱石 *   あけましておめでと

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成28年師走号

  * 板山葵に 銚子二本の 晦日蕎麦 八束 *   「?」を「!」に

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成26年文月号

  ひと月にもおよぶ祇園祭のクライマックスは17日(木)の山鉾巡行、水の都で繰り広げ

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成27年神無月号

  * 朴葉みそ ほどよく焼けて 新走り 護 *   「?」を「!」に

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成27年睦月号

  「?」を「!」に変えてゆく・・をコンセプトにおいしさを提供しております「はてなの

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成26年皐月号

  開店から一ヶ月が経ちました。 あたたかくスタートを見守ってくださった方々、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


はてなのブログ
日本酒好きやねん
店舗案内
臨時休業
臨時休業のお知らせ

いつもお世話になっています。突然ですが、臨時休業のお知らせです。 6

DSCPDC_0000_BURST20181111131900049
安満遺跡公園に新店舗オープン!

  まいど! アウトドアマンオサムです。 &nb

IMG_0111
たかつきバルで来店していただいたみなさまへ

  先日6月2日(日)に行われたたかつきバルでは、今年

main_bn9
6/2 たかつきバルで無料チケットGET!

  まいど! バル男オサムです。 6月2日(日)

よこやまのみくらべ バナー
30年ぶりに復活! よこやま酵母違い三種のみくらべ

  長崎県北部にある小さな離島「壱岐島」。 日本

→もっと見る

PAGE TOP ↑