吉左右頒布 平成26年霜月号

公開日: : 吉左右頒布

 

十一月の日暮れをいぶし銀と表現した人がいました。いぶし銀のなかに先ほどまで浮かんでいた色とりどりの紅葉が瞬く間に夜のとばりで包まれていきます。

夜長を、杯交わしながら語らいながらご満喫ください。

* 昔おもふ しぐれ降る夜の 鍋の音 鬼貫 *

 

霜月の知っ鷹鰤(しったかぶり)

〽︎くもりガラスを手で拭いて あなた明日が見えますか

大川栄作さんのヒット曲「さざんかの宿」の歌いだしですが、ここはさざんかの植わった宿でなくてはなりません。晩秋に咲く密やかな様は悲しげで、春を迎えることなく儚くはらと散ってゆくところに情や機微を感じさせてくれるものがあります。似て非なる椿ではどうでしょう。春の日差しを受けて咲く姿は誇らしげで、花弁が最後まで重なりあったままで落ちて終うのですから何とも具合が悪いのです。

ところで、さざんかは山茶花と書くとおり元はサンザカと読んでいました。それが音位転換しサザンカとなったのです。無花果もイジチクがイチジクに変化したと言います。

幼い子がトウモロコシをトウモコロシと言ったり、音を入れ換えてしまうことはよくあることです。

また、文字の順番を換えて違った意味の言葉を作るアナグラムという遊びも伝えられてきました。今回は31文字が見事に入れ換えられた英文の秀作を紹介しましょう。

A Merry Christmas and a Happy New Year.

May many a red wreath carry happiness.

(願わくば、数多くの赤い花輪が幸福をもたらさんことを)

クリスマスカードのフレーズにされてはいかがでしょうか。

 

憎し可愛や 七五三

小春日和に恵まれれば、15日(土)は七五三参りでにぎわうことでしょう。

下に示したのはおなじみの魔方陣です。縦、横、斜め、どこを足しても15になるように置かれたこの配列を、昔の人は粋に表現しました

「憎し可愛や七五三 六一八の十五夜の月」

スクリーンショット 2014-12-02 3.16.50

「憎しと思うな七五三 六一坊主に蜂が刺す」と記憶した人もいるようです。現代っ子は「福島の七五三祝いはロイヤルホテルで」と覚えているそうですから、時代を感じますね。

 

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と

答える人のいるあたたかさ 

11月22日は、語呂合わせで「いい夫婦の日」とされています。この季節のこの記念日だと、この俵万智さんの短歌を思いだします。

ときに、毎月22日を「ショートケーキの日」と定めているのをご存知ですか。謎かけでできた語呂合わせの記念日と聞きました。月間カレンダーをよく見てください。

22日とかけてショートケーキととく。そのこころは、かならず上にイチゴが乗っかっています。

スクリーンショット 2014-12-02 4.48.14

 

オサムらい師匠のわらべ料理指南 ②

スタッフのオサムは子供たちから「お侍師匠!!」と呼ばれながら折に触れ料理を指南しています。その採録版第二弾です。

「今年最後の柿をおいといてん。トロトロに熟してるなぁ。これにちょびっとレモンを絞って、ちょびっとやで。たらしたら、かき混ぜて食べてみて。どや?南国の果物の味がするやろぉ。柿がトロピカルフルーツに変〜身やぁ。

さ、今日は実験しようか。コップの中に砂糖を入れといたから、水で溶かして飲んでみて。甘いかぁ。もう一つのコップにも同じだけの砂糖が入ってるな。これも飲んでみい。どっちが甘い?後の方か。砂糖も水も同じ量やのに何でやろか?!実はな、こっちのには塩をちょびっと混ぜといたんや。甘いものに塩っ辛いものを足したら、いっそう甘なんねん。大人が塩昆布と一緒にゼンザイ食べてはんのん見たことないか。あれは、少ない砂糖で甘く感じる工夫やってんな。

今度は湯呑みにお酢を入れるから、そう〜ッと飲んでみて。あははッ、むせるかぁ。ほんなら、塩をちょびっと入れてかき混ぜたらどうやろ?さっきより酸っぱく感じんようになったか。不思議やね。

同じ塩でも、味をプラスにする働きとマイナスにする働きとがあるねんな。これを隠し味ていうねんで。以上、礼っ!!」

 

トクダネ! クイズ!!

二ヶ月間のワイド企画、当選者は宮﨑フミエ様でした。好評につき、改めて大晦日まで再募集いたします。

当店の入口に置いているビッグな「はてなの茶碗」

あれに一円玉を詰めると、いくら入るでしょうか?

最近似値をお書きになった方に正解金額相当の金券を差し上げます。投票用紙は店員にお申し付けください。

 

吉左右頒布アーカイブスへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

はてなロゴ

吉左右頒布 平成27年弥生号

  * しやりしやりと グリーンサラダの 中の独活(うど) 胤 *  

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成27年葉月号

  * 飲み干せし ビールの泡の 口笑ふ 立子 *   「?」を「!」

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成27年睦月号

  「?」を「!」に変えてゆく・・をコンセプトにおいしさを提供しております「はてなの

記事を読む

%e3%81%af%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99

吉左右頒布 平成28年神無月号

  *正面に 月を据えたる 秋の酒 貞鳳*   「?」を「!」に変えて

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成27年水無月号

  * 山よりの 風来てアユの 姿ずし 昭江 *   「?」を「!」に

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成27年長月号

  * 升酒と 真一文字の 秋刀魚かな 狩行 *   「?」を「!」に

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成28年皐月号

  * 蒼皿や きびなごの照り 五月来ぬ 竜子 *   「?」を「!」

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成26年水無月号

  その昔、ミュージカル映画「回転木馬」で「六月は一斉に花ひらく」と唄われました。薔

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成26年長月号

  夜熱以前午熱同 夜になっても暑さは昼間と変わらない 開門小立月明中 門を開

記事を読む

はてなロゴ

吉左右頒布 平成28年睦月号

  * 金泥の 鶴や朱塗の 屠蘇の盃 漱石 *   あけましておめでと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


はてなのブログ
日本酒好きやねん
店舗案内
IMG_0169
先着20名限定! 浪乃音量り売りのみくらべ

琵琶湖のほとり、滋賀県大津市堅田で1805年より酒造りを続ける浪乃音酒

はてなロゴ
臨時休業のお知らせ

  いつもお世話になっています。  

鳥の楽園のみくらべ バナー
大空に羽ばたけ!! 鳥の楽園のみくらべ

  連日の猛暑もようやく落ち着き、少しづつ過ごしやすく

大黒正宗のみくらべ バナー
時の流れを味わう! 大黒正宗BY違いのみくらべ

  7月の後半に長い休みをいただき、スタッフ一同リフレ

スクリーンショット 2019-07-03 21.55.16
夏休みのお知らせ

  いつもお世話になっています。夏休みのお知らせです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑