うつわを求めて 岡山・備前 (後編)

公開日: : 最終更新日:2014/07/28 うつわを求めて

まいど!オサムです。

 

岡山県の備前で焼かれている備前焼は釉薬が・・・

 

前回言いましたね。申し訳ない。

しつこい時はしつこいと言ってください。反省します。

 

前編はこちら

http://www.hatenanochawan.com/?p=138

 

 

さあ、日生を出発したボクらは一路備前焼の中心地、伊部(いんべ)を目指します。

その伊部へ向かう途中にあるのが「藤原啓記念館」です。

寄りました、好きやから。

 

この藤原さんの家は啓さんと雄さんの親子二代とも人間国宝です。すごいです。

記念館の横にあるギャラリーでは、このお二人の作品も売ってます。お値段ウン十万からウン百万円。

一瞬迷いましたが買うのは今度にしときます。

 

さて、伊部に着きました。今度は備前陶芸美術館を見学。

町全体が備前中の作家さんの活動をサポートしてるんですねえ。ホンマに素晴らしい。

同じ備前焼でも、渋い色合いのものから真っ赤な模様が鮮やかな緋襷(ひだすき)と呼ばれるものまで、ボクのテンションは上がりっぱなしです。

 

煙突が情緒あります

煙突が情緒あります

 

次は美術館の隣のJR伊部駅にある備前焼伝統産業会館でお買い物。

ここではたくさんの作家さんの作品が所狭しと展示販売されています。

あれもええな、これもええなとさんざん迷ったあげく、四角い豆皿を購入しました。

 

その後伊部駅周辺の陶器屋さんをあちこち回りましたが、惜しくもこの辺で日没タイムアウトです。

うーん、やっぱり途中で道草食い過ぎました。

 

備前の器で昆布茶を頂けるお店もあります

備前の器で昆布茶を頂けるお店もあります

 

備前の町は鄙びた田舎の風景に古くからの芸術の空気が張りつめていてものすごく心地いいです。

ホンマにおすすめ、行ったことのない方はぜひ一度どうぞ。

 

今回選んだ豆皿はこちら

今回選んだ豆皿はこちら

 

このコーナー、好評・不評に関わらずシリーズもんにしていきます。

次はどこの窯場を訪れるのか?お楽しみに!

 

うつわを求めてシリーズ一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

DSC_0633

うつわを求めて 高槻手作り市

  まいど! うつわ大好きオサムです   3月17日、富田の三

記事を読む

DSC_0684

うつわを求めて 岡山・備前 (前編)

まいど!オサムです。   岡山県の備前で焼かれている備前焼は、釉薬が掛からず土

記事を読む

立派な建物、場違いです

うつわを求めて 京焼歴代展

  まいど! 雅な男オサムです。   落語「はてなの茶碗」にも

記事を読む

DSC_0548

うつわを求めて 高槻・中ノ畑窯

まいど!オサムです   毎日の食卓に彩りを与える、使ってみて輝きを増すうつわ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


はてなのブログ
日本酒好きやねん
店舗案内
臨時休業
臨時休業のお知らせ

いつもお世話になっています。突然ですが、臨時休業のお知らせです。 6

DSCPDC_0000_BURST20181111131900049
安満遺跡公園に新店舗オープン!

  まいど! アウトドアマンオサムです。 &nb

IMG_0111
たかつきバルで来店していただいたみなさまへ

  先日6月2日(日)に行われたたかつきバルでは、今年

main_bn9
6/2 たかつきバルで無料チケットGET!

  まいど! バル男オサムです。 6月2日(日)

よこやまのみくらべ バナー
30年ぶりに復活! よこやま酵母違い三種のみくらべ

  長崎県北部にある小さな離島「壱岐島」。 日本

→もっと見る

PAGE TOP ↑